日本へ行ってきました! 

みなさま、祖母のことでは温かいお言葉、お気持ちをいただき、本当にどうもありがとうございました。

「拍手クリック」にも元気づけられましたよ!


前回のブログを書いたあと日本へ発ち、祖母を見送ってきました。
お通夜は間に合いませんでしたが、葬儀には出ることができました。

「亡くなってから駆けつけるより、生きているうちに会ってあげたい(&会っておきたい)」と思い、3月にお見舞いに行っていたんですが、やはり訃報を聞くといても立ってもいられず…
ふぇも強く勧めてくれたので、思い切って一人で行ってきたというわけです。
子どもたちも大きくなったものだなあ…

葬儀では、普段はなかなか会うことのできない親戚や、小さい頃から見守ってもらっていた近所のおじさんおばさんと顔を合わせ、温かな時間を過ごせました。

順を追って考えれば、もちろん祖母が亡くなったことはわかるんです。
でも「忙しくしてて、連絡してなかったけど、ばばに電話してみようかな?」とか、つい、まだ祖母がいるかのような錯覚にとらわれたりして、母と笑っています。
お線香あげにとか来そうな気がするんですよね~。


こうやって、各方面へのお礼やその他の手続きなど、みんなで忙しくわいわいやっていたりすると「ばばは、これからも変わらずみんなの、私のそばにいるんだよなあ」と、温かなもので満たされるような気がしたものですが、飛行機が飛び立つと、急に「ばばはもういない」というところだけが、純粋に胸にささって、涙が溢れてきました。
こうやって、人をおくるというのはいろいろな気持ちと対峙していくことなのだな、と思います。

日本からパリに向かう飛行機の中は(パリ経由だったのでね)ツアーや仲良し2人組など、これからの旅行に期待をふくらませている人がほとんどで、涙している日本人というのはあまりいないものなんですよね。
涙が落ちないようにずっと上を向いたりしてましたが、いつまでも天井を見ているのも変だし、困ったな、と思っていたら、照明が消えたので助かりました。(笑)

以前,祖父を見舞ってフランスに帰るとき、窓の外に整備員の方々が3m間隔ぐらいに真っすぐに並んで深く一礼し、手を振って見送ってくれていたのを思い出しました。
安全を願い、またこの飛行機に乗ってくれたことへの感謝というのももちろんあると思いますが、私は何故か「いい旅になりますように」と祈ってくれているように感じたものでした。

そんなことを思い出していると、ちょっと救われる気がして、楽になりました。
いつもの12時間よりも短く感じたぐらい。


とまあ、長いようで短い旅でしたが、行って本当によかったと思います。

実家のほうでは、祖母が暮らしていた福祉施設の部屋の片付けなど、まだまだ仕事が山積みで、そちらのほうも心配ですが、まずはこちらの生活を普段通りにもどすのが私の仕事かな~と、ここは甘えておきます。


それでは、最後にもう一度、みなさま、どうもありがとうございました!
これからも、どうぞよろしくお願いしますね♪



[ 2009/04/22 07:38 ] いろいろ | TB(0) | CM(8)

いろいろとお疲れ様でした。
あたしも海外へ来てしまってから、ふっと「あと何回両親に会えるんだろう」なんて考えると、とんでもなく親不孝をしてしまったような気持ちになってしまいます。
でも、元気で暮らしてさえいれば、それが何よりなんだと自分に言い聞かせて日々暮らしています。
春空と心と相談しながら、少しずつ夏へ向かって行けるといいですね・・・。
[ 2009/04/22 20:52 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/04/22 21:47 ] [ 編集 ]

日記がとまっていたので、お元気かなと心配していました。
よかったですね。無事にお見送りができて。
私も昨年1月に祖母を亡くしました。
2ヶ月後の3月、私の結婚式に出ることを楽しみにしていてくれたのですが。
近かったのに、もっと会いに行ってあげればよかった・・・そう思います。
きっと麻さんのおばあさま、これからはひょいっとドイツに来て麻さんご家族を見守ってくれますよ。
[ 2009/04/23 00:59 ] [ 編集 ]

v-22カンさん
どうもありがとうございます。
実は私も、祖母を亡くしたことで両親のことを考えるようになりました。
今はとにかく元気で暮らすことが孝行かな、と思っています。
前回のお見舞い帰国から帰ったときもそうなんですが、天気に恵まれていて助かります。



v-222009/04/22 20:47さん
どうもありがとうございます。
とっても嬉しいです。
今日は天気もいいし、時差ぼけ対策にもちょっと散歩してみようかなと思ってます。



v-22Tomokkaさん
ブログを放置したまま帰国してしまって、ご心配をかけしました。
どうもありがとうございます。
Tomokkaさんもおばあさまを亡くされたんですね。
こうすればよかった…は次から次へと出てくるものですよね。私も同じです。
いろいろ思い出してあげること、そして元気に暮らすことが何よりの供養になるのかも、と思っています。
[ 2009/04/23 07:46 ] [ 編集 ]

麻さんお疲れ様でした。
フェさんが背中を押してくれたこと、お子様達の自立、素晴らしい団結力だなと思います。

お婆ちゃんもみんなに見送られてとても幸せだったと思います。
いつも週末しか電話しないけど、今日は日本の家族に電話してみようかな。
[ 2009/04/23 09:02 ] [ 編集 ]

v-22アユーシャさん
どうもありがとう。
祖母も「いい家族になったね」といつも言ってくれていて、それが励みになったものでした。
本当は心配ばかりかけたような気もするけど…。(笑)
[ 2009/04/23 13:59 ] [ 編集 ]

見送れたのですね

更新がないので少し心配してました。

ご主人素敵ですね
見送れて本当に良かったですね
少しずつ 元気になってください。
[ 2009/04/24 13:14 ] [ 編集 ]

v-22はなさん
どうもありがとうございます。
祖母には「ありがとう」と「またね」を言ってきました。
これからもよろしくお願いしますね。
[ 2009/04/26 15:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/910-ccdc6f8f