パン・デ・メイ 

パン・デ・メイ(Pan de mej)は北イタリア、特にミラノ周辺のお菓子です。
4月23日、聖ジョルジョの日のお菓子ともいわれます。

Pan de mej


Mejは「粟(あわ)」のこと。昔は粟の粉で作られていたそうですが、
今ではだいたい、とうもろこしの粉が使われるようです。

ところで、イタリア語をご存知の方は「え?」と思いませんか?
「Pan de mej」ってイタリア語じゃないみたいですよね。
実はこれ、ミラノ弁です。
ちょっと発音がフランス語っぽく聞こえなくもない…というか、ダサげなフランス語というか。

初めから話がそれていますが、えっと、つまりこのお菓子を作ってみたというわけ。


いつもは、どこか てきとー アレンジしてたりしますが、今回は、イタリアの某写真つきレシピ中心の料理サイトを参照。ちゃんと計量して作ってみました。


それでは、作り方。

砂糖150g(好みで一部をバニラシュガーに)と卵3個をハンドミキサーでもったりするまで泡立てます。
溶かしバター150gを加えて、よく混ぜます。
薄力粉200gとうもろこし粉(小麦粉のように挽いたもの)300gベーキングパウダー小さじ2をふるって加え、全体がなじむまで混ぜます。
ぐらいの大きさになるように生地を分けて丸め、それぞれを直径7~8cmになるように平らにします。
砂糖をぱらぱらとふり、その上から粉砂糖をうっすら振りかけます。
180℃のオーブンで、約20分焼きます。


と、こんな感じ。
本当はサンブーコの花を加えるとありますが、今回はパス。
*ドイツ語ではHolunderbl�te、英語ではElderflower、日本語ではにわとこ



さっきも書いた通り、今回はかなりレシピに忠実に作ったつもりなんですが…

食べてみると、なんだかパサパサ、ボソボソ、モソモソしてるんですよー。
こう、口の中でなかなかまとまってくれない感じ。
水3杯も飲んじゃいましたよ。

んー、これって、どうなんだろう。 失敗? 

問題はですね、

私は実際、本物のこのお菓子を今まで食べてみたことがない

ということなんです。

ふぇによれば、「ん、パサパサしてるけど、こんなもんなんじゃないかなあ」(←全くあてにならないミラノ人)

レシピには、牛乳生クリームに浸して食べる、とも書いてあったので、もしかしたらこれでいいのか?

どなたか、実物をご存知の方は教えてくださいね~。



3位です!
 応援クリックお願いします。

[ 2009/05/14 07:55 ] 簡単レシピ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/924-9d857572