5歳児の責任感 

小学校に入る前だと思われる男の子が2人、近所の桜並木の歩道にいました。

遠くから見ていると、緑のTシャツの子が桜の枝を引っぱり、その折れた枝を振り回して遊んだあと、歩道の真ん中に放置して走り出しました。

もう1人の水色のシャツの子は、緑の子と一緒に走り出そうとしましたが、一瞬迷って立ち止まり、放置された枝を歩道の端にどかそうと、枝を手に取りました。

そこへ、あちらから自転車に乗ったおばさん登場!
枝をどかそうとした水色のシャツの子に、
「ダメじゃない!枝を折ったりして!」と言いました。

「あ、これ」
ふと、記憶が蘇ってきました。
ぺいがやはりこの子たちと同じような年の時に、同じような場面を見たことがあったのです。



公園で友達の弟Sくんと遊んでいたぺい。
お母さんが来て「Sくんをちょっと見ててね」とぺいに頼みました。

私もその場にいましたが、るーとおーちを 捕獲している 近くに連れてくる間に、Sくんが、新しく植えられた若木の幹を保護するために巻き付けてある布をぐるぐる解いていました。

Sくんはすぐに他の遊具のほうへ。
私は、「Sくん、ちょっと待ってー!」と呼び止めましたが、聞きません。

振り返ると、そこで見ていたぺい、少しの間、迷っていましたが、布の端を持って、木に巻こうとしています。

そこに、近所のおばあさん登場。
「ノン!ノン!何をするの!」

ぺいは、布の切れ端を持ったまま、その場で止まりました。

本当は「ぼくじゃないよ。Sくんがやったんだ。ぼくは直そうとしただけ」と言えばよかったんですが、ぺいは何も言わず、木に布を巻き続けようとしました。

彼の心の中では、「ぼくじゃない」「でも、一緒に遊んで見ててって言われた」という小さな責任感があるのだ、とわかりました。

私は思わず、
「マダム」とそのおばあさんに話しかけました。
いくらなんでもぺいがかわいそうでしょう。

「違うんです」 (私もいささかの監督責任を感じて、言いづらかったですが)

ところが! 当時の私の語学力ではその後がなかなか続かない。っていうか、通じない!(今だってどうだか…涙)

でも、ぺいがやったとしか考えていないおばあさん、両手を広げ、天を仰いで首を振り、
「なんてことでしょう、まあ」と言い、「とにかく布を離しなさい」とぺいの手から布を取り上げ、丸めて木の根元に置き、帰ってしまいました。




さて、水色のシャツの子ですが、やはり彼もじっと自転車のおばさんを見ていました。
私は、何とかしたい、と思いましたが、自転車で遠ざかるおばさんに「違うんです」というのがやっとでした。(もちろんおばさんの反応はなし)

水色のシャツの子は、たぶん、悲しい思いをしたことでしょう。
唯一、事実を目撃した私が、ちゃんと釈明してあげられなかった。

私もその場で何ともやりきれない思いでいっぱいになりましたが、その子に「いいことしたね」とにっこり笑って言いました。

水色のシャツの子は、ちょっとあごを上げて、少し微笑み、小さなため息をついて走って行きました。 ごめんよ~。



3位です!
 応援クリックお願いします。
[ 2009/05/18 07:55 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(5)

わ~ん

何だか切ないお話ですね。
両国とも間違ったタイミングに’注意おばさん登場’、ってところが悔しい!!
でも両方とも麻さんが見ていてくれた事は救いになったと思います。
こういう事って大人の知らない間に随分起こってるんでしょうね。
最近は自分が悪くても大人に言い返したりする子が多い中、咄嗟に上手く大人に言い訳出来ない子供は何だか切ないです。。。
[ 2009/05/18 13:35 ] [ 編集 ]

切な~!

なんだか涙がでそうでした。こういう事って大人の世界でもありそうですけど(他人のした仕事の尻拭いとか?^^;)、子供で、弁明がうまくできない時などは更に辛いですね。でも、ママが本当のことを知っていた、っていうことでぺい君救われただろうし、水色の子も麻さんの言葉は相当嬉しかったはずです。その小さなため息は、"ま、しょうがないか"と言っているようですね。
[ 2009/05/18 15:25 ] [ 編集 ]

v-22cloverさん
大人として正義を通してあげるのも大事ですが、息子の場合はいろいろな意味でいい経験をしたのかもしれません。
とはいえ、今でも思い出すとちょっと悔しいんですけどね。


v-22sashaさん
ぺいの事件はちょうど夕暮れ時だったし、理不尽な出来事と親としてのふがいなさに涙が出そうになりました。
「ま、しょうがないか」と水色の子も思っていてくれればいいんですけどね。
こういうことに強くショックを受けて引きずる子もいるかもしれませんね。
[ 2009/05/18 16:38 ] [ 編集 ]

そのおばさんも正義感で言ったのだろうし、うーんタイミングが!と思ってしまいますね。

私も小さい頃引きずっていたように思いますが、「今なら違う」と自分で思えるようになった時、ぐんと自信がついたように思います。
[ 2009/05/18 22:47 ] [ 編集 ]

v-22アユーシャさん
世の中、タイミングの左右する場面って多いですよね。
これも一つ大人になるステップ、と考えていったほうがいいですよね。
[ 2009/05/19 07:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/926-6d4da73d