fc2ブログ

ゴルゴンゾーラのリゾット 

ちょっと着替えてみました!
(またまた大好きなpuku2さんのテンプレートをお借りしました)

            *************


さて、日本でも手に入りやすくなったイタリアの「ゴルゴンゾーラ」

フランスの「ロックフォール」、イギリスの「スティルトン」とともに、「世界の3大青カビチーズ」と呼ばれています。
日本の方は、好き嫌いが分かれるところですね。
ロックフォールより、ゴルゴンゾーラの方がクリーミーです。
           

夫「ふぇ」の実家では、これでリゾットを作ります。
ふつうリゾットは「すこーしずつブイヨンを加え、お米の固さを見ながら木ベラ混ぜ…」と言いますが、これはちょっと違います。
いつものように簡単で~す!

では、ゴルゴンゾーラのリゾットの作り方(4~5人分):

大きめの鍋にお湯を沸かして、粗塩を軽くひとつかみ加え、お米(できればアルボリオ米)2カップを15~16分茹でます。
パスタを茹でる時のように、途中何回か混ぜるだけでOK!
何故か、ブイヨンを加える時より早く火が通るので、表示時間ちょうどかちょっと短め。

アルボリオお米を茹でる


バター+ゴルゴンゾーラお米を茹でている間に、小鍋にバターとゴルゴンゾーラを入れ、弱火で煮とかします。
バター、ゴルゴンゾーラの量はお好みで!(今日はバター大さじ1+ゴルゴンゾーラ150gで作っています)
だいたい溶けたところに、好みで白ワインを加え、さらに火を通します。



アルボリオ茹であがり茹であがったお米は、ザルなどで水を切り、すぐに大鍋にもどして、小鍋のゴルゴンゾーラソースを加え、手早く混ぜます。







できあがり!
ゴルゴンゾーラのリゾット



もちろん、このゴルゴンゾーラソースをショートパスタニョッキに絡めてもおいしいですよ~。


             *************


ちなみに、このゴルゴンゾーラを和える前の、塩味で茹でただけのお米を「リーゾ(お米)・ビアンコ(=白)」と呼び、風邪をひいているときやお腹をこわしたときなどに食べるようです。

私がつわりで苦しんでいる時、マンマが「これなら食べやすいから。」と、作ってくれました。

「わあ、おかゆみたい!あっさりしてて、これなら食べられる!」と喜んだものの、運ばれてきたリーゾ・ビアンコには、バターのかたまりがっ(涙)!
これはお義父さんの仕業…愛情でした~。

[ 2006/05/10 14:18 ] 簡単レシピ | CM(8)

やられました

私もこのテンプレ使おうかなーと思ってましたよ!先越されちゃいましたね。前回の麻さんのテンプレ、あの猫版もいいなーと思ってたんですよね。ところでリゾットかなりこってりとおいしそうですねー。以前働いていたレストランで作ってもらったチーズリゾットを思い出しました。ものすごくおいしかったんですよ!その人いわく愛情を込めて作るのが一番だとか。
[ 2006/05/09 19:37 ] [ 編集 ]

麻。さん、あれは忘れもしない5年前。つわり真っ只中で苦しんでいる最中に、我が夫は、ゴルゴンゾーラソースのかかったモノをなにやら料理をしやがりました。当時、40平米そこそこの狭~~い住居で生活しており、真冬の寒い時でもあったので、あの臭いからの逃げ場を失い、人生において最初の、『もぉ駄目だ、私の人生も終わる・・・』と、死を覚悟した夜でした。(笑)

それ以来、ゴルゴンゾーラの匂いがトラウマとなっております。でも、麻。さんのリゾット 美味しそうなので、作ってみようかなぁ、どうしようかなぁ。
[ 2006/05/09 20:24 ] [ 編集 ]

ゴルゴンゾーラ!
大好物です☆
日本でイタリアンレストランでパスタソースで食べて以来すっかり好きになりました。
でも家でソース作ると、味濃すぎなものしか作れません(´;ω;`)ウゥゥ
パンにつけて食べるにも味が濃すぎだし…。
麻。さんのレシピで再挑戦してみたいと思います♪
[ 2006/05/09 22:02 ] [ 編集 ]

ウメさん*
なんと!テンプレおそろいにしましょうよ~。
このリゾットは玉ねぎが入らないので、チーズそのものが味わえます。

ふろっしゅさん*
うわ~!つわりにコレは辛いですね。
私も、しばらくバターが苦手になりました(涙)。
ゴルゴンゾーラは、ピザ生地にのせて焼いても、おいし~です。
少しずつ試してみてくださいね。

ラメさん*
ゴルゴンゾーラにも、「ドルチェ」と「ピッカンテ」があるみたいです。
ドルチェのほうはマイルド。ピッカンテは塩気が強めです。
他に、ゴルゴンゾーラとマスカルポーネが層になって重なっているものもあり、こちらはパンにつけて食べるのにぴったり。
[ 2006/05/10 06:48 ] [ 編集 ]

ちなみに青カビチーズは苦手です…

ほう…この作り方はいいですね。俄然やってみたくなりました。
リゾットというと、鍋の前でつきっきり、というイメージがあったものですから。

他のソースのリゾットもそんな感じで作れるのですか?
[ 2006/05/10 10:16 ] [ 編集 ]

他のリゾットは、このやり方ではやったことがないですね~。
でも!実は私、他のリゾットもつきっきりではやっていません。
お米を炒めた後、多めの熱湯を加えてしまって、この時にブイヨンも一緒に入れます。
あとは様子を見て、もう1回熱湯を加えます。つきっきりになるのは最後の3分ぐらいかも。
で、さらにイタリアでも意外とおコゲが人気のようで、年配の方も「懐かしい味!」とおコゲを食べてました。

[ 2006/05/10 11:19 ] [ 編集 ]

大好き!!

ゴルゴンゾーラ、私も息子も大好きです!!あの塩気がなんとも言えず美味しいですよね。
でも夫が苦手なため、お料理ではあまり使えず、だいたいワインのお供って感じです。
息子はゴルゴンゾーラのペンネを喜んで食べます!!
でもゴルゴンゾーラでリゾットは作ったことないのでぜひトライしてみたいです!
[ 2006/05/11 15:42 ] [ 編集 ]

ukitchさん*
パスタもおいしいですよね!
リゾットにすると、もっと北イタリア調(?)になるような気がします。
こちらも、ぜひお試しを!
[ 2006/05/11 16:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する