「橋」コンテスト 

昨日は、ちょっと嬉しいことがあったんですよ。

ぺいが、学校からこんなものを持って帰ってきました。

GH+P+F Ponte

これ、授業の課題で、仲良し3人組で作ったものだそうです。

使えるものは、A4の紙16枚、新聞紙1誌分、ひも、セロテープ、のり です。
針金など、金属は使えません。
授業時間6コマ分を使って、準備してきました。


そして、昨日はそのコンテスト。 ぺいのチーム、9組の中、優勝しました! 

1)強度 2)美しさ 3)技術 の3部門で、それぞれ採点され、総合得点で勝敗を決めるということでしたが、なんと、3部門とも最高得点をもらったのだそうです。

水平に伸びている部分の両端を、それぞれ机にのせて、上からおもりをのせていっての勝負。

さぞ盛り上がったでしょうねえ。


ちなみに、何の授業かというと…  芸術なんですよ~。

でね、おもりには絵の具のボトルの他、あるものが使われていたんですが、何だったと思いますか?


それは…

アイスの箱!

終わった後は、もちろん、みんなで食べたそうです。

楽しそうな授業ですよね~。



4位です♪
 応援クリックお願いします。
[ 2009/06/18 07:51 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(5)

すごい!

独創性と技術とチームワークが揃って、素晴らしい作品になりましたね!
そして材料も、さすがドイツという感じで
エコロジーですね♪
[ 2009/06/18 10:51 ] [ 編集 ]

素晴らし~い

本当にしっかりしたものが出来ましたね。見た目にも美しいし。こういう課題、上手く出来なくてもトライするのは楽しそう!私も受けたいです。
橋と言えば、うちの旦那さん、5ユーロの橋はポンデュガールと似てるけど、アーチ部分の大きさが違うと言います。「でもさ~わずかな違いじゃん!」と私は言ってるのですが。。。やっぱりそっくり同じってことで通ると思うんだけどな~。
週末、彼のアブルッツオの故郷がサッカーで勝ち進んでいるので(凄い事らしいのですが私には分からず。。)試合を見にたった2泊イタリアに戻ります。。私は試合には行きませんがついて行きま~す。
[ 2009/06/18 13:00 ] [ 編集 ]

v-22クレランさん
 メンバー3人、楽しそうに盛り上がっていたんですよ。
さらにいい結果も出て言うことなし。
こういうの、企業の研修とかでもやったりすると聞いたことがあります。



v-22cloverさん
こういうのだけは(笑)やる気十分な息子ですが、本当に楽しそうだと思いました。
5ユーロ札、たしかにアーチの大きさが微妙に違うんですよね。
でもそれだけで「架空」になるのかはやっぱり疑問?
アブルッツォ、勝ち進んでるんですね。(私も疎くてわからない)
せっかく見に行くんだから、勝つといいですね。
Buon viaggio!!
[ 2009/06/18 13:12 ] [ 編集 ]

立派な!

すごい まさに芸術
こんなに ダイナミックなのに
立ててることもすごい バランスですよね

優勝 おめでとう♪
[ 2009/06/20 16:05 ] [ 編集 ]

v-22はなさん
どうもありがとう!
2時間でアイデアがかたまり、あとは改良を重ねたんだそうです。
楽しそうでしたよ。
[ 2009/06/20 16:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/944-9b27bc76