スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サンプル? 

このあいだ抜糸の練習台になったらしい話をしましたが、考えてみれば、他にも「練習台になった?」と疑われる経験があるんですよ。


その1
まだ日本で働いていたときのこと、「慢性盲腸」と診断され、職場関連の某大学病院で手術を受けることになりました。
入院から手術まで、それはスムーズに事が運んだので、やっぱりツテがあると違うなあ、と感謝していたんですが…

やっぱり半分は「身内」という感覚なのでしょう。
執刀医は、すごーく若い医師でした。ま、初めてではなかったようですが。

でね、術後の回診の時に言われたんです。
「内緒ですけどね、通常の術後の傷の縫合とは違う方法で縫ってみました。美容整形で使われる、傷跡が目立たない縫い方ですよ」
*内緒と言われたけど、もう時効ですよね。

ま、ありがたいことではあるんですけど、その時ちょっと「実験台だったかも?」と思ったのでした。
ぞろぞろついて来たインターンらしい先生が、入れかわり立ちかわり傷をのぞいていくし、メモ取ってる人もいたしね。
ま、いいですけど。


その2
次は、長男出産の時。
これは、実験台とは違うんですけどね。

明け方に陣痛が始まって、ヘルシンキの婦人専門病院(これもたしか大学関連)に到着。

準備室でしばらく待機した後、分娩室へ移動すると…
産科の主治医らしき人が言いました。

「もし、可能であれば、医学部生を立ち会わせてもよろしいでしょうか?」

もちろん、この時点ではかなり「イタタタターー」で、99%、頭は痛みに集中している状態だし、新しい命がこの世に誕生する、という、ある意味ピュアで敬虔な気分になってもいたので、お役に立てるならば、と承諾しました。

さて、お産が佳境に入ったころ。

ぞろぞろぞろ…

えええっ!?
なんと、入ってきた学生は8人!(だったと思う)

でもこっちはもう、それについて「やだなー」も「じゃまだなー」も考えられる状態ではないので、お産に集中。(たぶん、ふぇは私よりもずっとイヤだったんじゃないかと思いますね。痛くない分)

…というわりに、学生を視界の端で観察したりもしてました。
メモを取っている学生はいなかった。みんなペンをぎゅっと握ったり、手を合わせて組んだりしてましたね。「手に汗握る」ってこの事だ、なんて思っていた記憶があります。
99.9%お産に(っていうか痛みに)支配されていても、残りの0.1%は意外に冷静に働くものなんですかね。

さて、ほどなく長男(ぺい)誕生!

学生たちは、拍手で新しい命を迎えてくれました。
涙している学生も半分ぐらいいましたね。
その後、全員と握手をして、しばし喜びを分かち合ったのでした。


あの時の学生たち、もう立派なお医者さんになっていることでしょうね~。
なっているといいなあ。


さて、無事に誕生した息子ぺいですが…
その後、退院までの間にやはり学生の訪問をたびたび受けていました。

「蒙古斑」を見にきていたのです。(彼も生まれながらにしてそういう運命?)

後日、小児科で聞いた話ですが、蒙古斑を見たことのない医師が、虐待の可能性があるとして通報したケースがあるそうなんです。

ま、少しは貢献したってことですかね~。


4位です♪
 応援クリックお願いします。
[ 2009/07/01 07:41 ] いろいろ | TB(0) | CM(5)

手術

私も大学病院で、「手術跡が目立たない方法で縫合したのでビキニも大丈夫です!」って、若い女医に自信たっぷりに言われた事があります。お産の時には、学生の助産婦がつきました。大学病院では、仕方ないのでしょうかi-229
[ 2009/07/01 10:51 ] [ 編集 ]

私もあります~!

息子を妊娠中は、新米産婦人科医のエコー検査の練習台!
「これが心臓、これが胃…」といつもより時間をかけて丁寧に見てもらったのでヨシ(笑)
娘の1歳児健診のときは、これまた新米小児科医が実習中で、いつもの先生が「このお尻の青いのはお母さんが叩いたわけじゃなくて(当たり前だ!)蒙古斑って言うんだよ~。」「これがそうなんですか~!(ビックリ)」なんて解説してましたよ(笑)
意外とよくある!?ものなんですかね~?
[ 2009/07/01 13:34 ] [ 編集 ]

v-22真昼さん
そうですね、大学病院では、よくあるのでしょう。
私も「ビキニOKですよ」と言われましたが、それ以前の問題で、ビキニはパスでーす。(笑)



v-22Jensさん
蒙古斑って、知識として知っていても、実際に見ると驚きらしいですね。
うちの義母も、前にちゃんと説明したにもかかわらず「絶句」してました。
でも、夜泣きとかで大変な思いをしたお母さんが、さらに虐待で連行されたりしたら、かわいそうですよね~。
[ 2009/07/01 13:52 ] [ 編集 ]

私も大学病院関係の実験台には色々なったような気がしますが、、、私も身内での事なので内緒かな?

ドイツに来て、長男次男の編入の為の役所での健康診断では、BCG痕も虐待の一部と誤解されて、数まで数えられました。一緒に行ってくれた友達が必死に説明してくれて何とか理解してくれたような?してくれてないような?
蒙古斑トラブルは良く聞きますが、流石にBCG痕で虐待といわれてもネェ・・・。
[ 2009/07/01 16:40 ] [ 編集 ]

v-22ゆき珠さん
そうか、BCGもですか。
しかし、だとしたらどんな種類の虐待だと思ってるんでしょうか。こわいなあ。
[ 2009/07/01 17:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/948-3b5e15bd












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。