カバーかけ終了。ふぅ 

新年度にはつきものの、教科書のカバー掛けも終了。 ふうう。  

透明の薄いプラスチックのフィルムを教科書一つひとつにぴったりとかける。
ゆるみがあると壊れやすいし、使いにくい…

これ、意外と面倒な作業なんですよね~。
今年は3人分、31冊でした。

日本と違って、ほとんどの学校では教科書が貸与されます。
改訂があるまで、何年かの間、下級生が順番で使います。
だから、カバーをかけて大事に使おうというわけです。
もちろん、破いたり、汚したりするのはタブー。書き込んだり、線を引いたり、角を折るなんていうのもダメです。

おーちの通っていた小学校では、新年度に教科書が配られると、親が1ページ1ページ、汚れたり破損したりしている箇所を確認して、ページ数を用紙に書き込まなければなりませんでした。
その後、年度末に確認され、用紙に記されたページ以外の箇所に汚れや破損があれば、その子のせいということになるので、けっこうみんな真面目にやっていたようです。


文房具屋さんでカバー掛けを請け負ってくれるところもあるけど(有料)、これだけの数になると、費用もばかにならないし、普段から学校関係のことではほとんど役に立っていないハハなので(連絡のお手紙すら読めない)、このぐらいはやってやろうかと、今年もがんばりました♪



さて、新入生のおーちですが…

昨日は、定期券を家に忘れ。 (予備に持っていた乗車券を使った)
今日は、フランス語のノートを忘れ。(これも幸い、授業では使わなくてセーフ)
ゆうべ、「今日はこんなことやったよ!」と言って、ノートを見せてくれてそのまま置いていったのでした。

新入生の緊張感が、まるでナシ。
…だいじょうぶかなあ。


今日は学校から帰って、ごそごそ何かを書いていたかと思ったら、こんなものがぽてとのケージに貼ってありました。

昼間一緒にいるため一番なつかれている私が、どうしても「ぽてちゃん」と呼んでしまうので、そちらに慣れてしまっては大変、ということらしいです。
はーい、わかりました。 

ぽてととよべ


よろしくお願いします!
 応援クリックありがとうございます。
[ 2009/09/22 14:30 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(8)

出遅れてしまいました!
↓おーちちゃん、10歳のお誕生日おめでとうございます。
ぽてとくん、かわいいですね~。
「ポテト」ってわざわざ書くおーちちゃんもかわいいです。

それにしてもドイツでは教科書は貸与なんですね!さすがエコの国!と感心しちゃいました。親は大変だけど。
3人分だとすごく大変そう。でも物を大切に使ういい経験になるのかもしれないですね。
私は教科書に挿絵といいつつ落書きをしていたので偉そうにいえないけど。
線も引けないってことはノートをとる量が増えるのかな?とか色々考えちゃいました。フランス語のノート、授業で使わなくって良かったですね。
新学期は慣れてないから忘れ物が多いんだと思いますよ~。慣れればきっと大丈夫ですよ♪
[ 2009/09/22 17:25 ] [ 編集 ]

v-378POTE。さん
どうもありがとうございます!
ぽてと、と呼べとはいいますが、たろうでもヨーゼフでもマドレーヌでも、何でも反応してます。(爆)

教科書は、ドイツだけでなく、イタリアやフランスも貸与なんです。
けっこうカバーのキャリア積んでるんですよ~。(笑)
私も教科書にはよく落書きしてました。特に歴史とか!ヒゲかいたりね。
おーちはキャラ的にいかにも落書きしそうなんですが、こちらの教育の成果か、きれいに使ってます。
忘れ物&宿題忘れは、3回めには学校から手紙が来ます。(親がサインして返す)この分だと、近々…?!
[ 2009/09/22 18:07 ] [ 編集 ]

可愛らしい注意書きに思わず笑ってしまいました(笑)
ポテちゃん、って呼んでしまいますよねぇ、つい。

教科書のカバーがけ、結構大変そうですね。
うちは来年入学予定なのですが、不器用な私は今からビビッております…(汗)
私が教科書の(主に歴史上の)人物に落書きする常習犯だった…ということは息子には伏せておこうと思います(笑)
[ 2009/09/22 18:36 ] [ 編集 ]

v-378Jensさん
ポテちゃん、ですよね~。何がいけないんだか。
カバーがけ、何冊かやっているとコツがわかりますから、何とかなりますよ。
歴史上の人物は、落書きには最高の素材ですよね!v-218
[ 2009/09/22 19:32 ] [ 編集 ]

今回は例の大問題のお陰で、ちび君は落第したのでこの作業なしでした♪
その昔は、3人分やっていたのよね…。この時期にこの作業をしないのって、どぉも物足りない気がしますよ。

私も落書きを良くやりましたね。
ぶ厚い歴史の教科書なんか、格好の落書き素材で、パタパタ漫画や、ヒゲやチョンマゲ色々やりましたよ。
あれって、世代を超えて誰もがやるんでしょうね。貸し本システムは、楽しめそうもなくてちょっと可哀想。

ポテちゃんの何が良くないんすかね?
名前をしっかり覚えてもらう為なのかしら?
うちの珠は、珠、珠さん、珠ちゃん、珠子、珠子ちゃん…色々と呼ばれてますけど、、、反応は同じですよ。
[ 2009/09/23 22:40 ] [ 編集 ]

v-22ゆき珠さん
あれはちょっと納得できない問題でしたね。
3人分やり終えると、ちょっとした充実感あります。(笑)

落書き、世代を超えて誰もがやり、しかも内容もそれほど変わってはいないんじゃないかと。選挙のポスターなんかもそうかな。(こちらは犯罪になるんですよね)

やはり、「ポテちゃん」と覚えられてしまうのがヤダ、というこだわりらしいです。
でもね、そもそも覚えてるんだかは…。なんと呼んでも反応します。
[ 2009/09/24 07:34 ] [ 編集 ]

教科書貸与って、エコですね!
制服や体操服、体育館シューズに教科書代等など、義務教育なのに親の負担も馬鹿になりません。
それにしても、お疲れ様でした。

こちらでは小学1年生の算数セットのおはじきに、一つ一つ名前シール(もちろん名前書いて)を貼り付けるという苦行がありましたv-292

「ぽてちゃん」って言いたくなりますね!
おーちちゃんの名前に対するこだわりも気持ちよく分かりますよv-410
[ 2009/09/24 10:27 ] [ 編集 ]

v-395クリママさん
3年使い回すだけで、かなりのエコですよね。
でも、こちらの教科書は、だいたいがA4ぐらいの大きさのハードカバーで、とにかく重いのが難です。
おはじきのネーム貼りも違った種類の苦行ですね~。これもつらそうだ。

名前へのこだわり…当の本人はただただ「エサ!」でしょうけどね。
[ 2009/09/24 13:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/989-a3ce1b56