アマリリス、その後 

昨年12月に買ったアマリリスの鉢。
どんな色の花が咲くかわからずに買ったんですが、クリスマス前後にこんな淡いピンクの花を咲かせてくれました。

1512 amaryllis
クリスマスっぽくはないけど、赤よりも好きかも、と、家族全員の意見が一致。笑

アマリリスの花の時期は、もともと5〜6月なのだそうで、12月に花が終わったあと、葉が枯れるまでたまに肥料を与えながらそのままにしておき、葉を球根すれすれで切ったあとに掘りおこして冷暗所で休眠させ、春に新しい土に植え付けるといいといわれるようですが…

葉を短く切ったあと、すぐに球根を掘りおこさずになんとなく放置していたら、なんと、2月の終わりに新しい葉が出てきてしまいました!
葉が出たまま休眠させるのもどうかと思い、土だけ替えてそのまま育てることにしました。

アマリリスは、新しい葉が4枚ついた時点で花芽が形成されるのだそうですが、葉は1枚しか出ず(他に2枚あったものの自然消滅…)、その一枚が、すくすくすくすく育って、今、こんな感じになっています。

160418 amaryllis

立派な葉でしょう?(アマリリスには見えませんが。笑)
肉厚でしっかりしています。長さを測ったら、78cmありました!

観葉植物としてはなかなか気に入っていますが、休眠させずに葉を伸ばしているのが、ちょっとかわいそうです。
このあと、どう管理したらいいんでしょう???


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2016/04/21 09:50 ] | TB(0) | CM(0)

葉を広げる野いちご 

つい最近まで枯れ草だらけだった裏庭に、今年も野いちごが茂り始め、花をつけていました!

160418 fragoline

この青々とした葉、可憐な真っ白な花の美しいこと!

園芸は苦手で、いろいろなものが「かろうじて生きている」みたいな感じでかわいそうな庭ですが、この野いちごだけは、なーんにもしなくても毎年力強く育ち、勢力を広げています。(なんかしたらダメになるんだろうな…)

この春は今のところ、天気がよく暖かい日と雨の日が交互に来ているので、ますます元気なのかもしれません。
見ていると、こちらも元気が出ます☆


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2016/04/19 16:43 ] | TB(0) | CM(0)

あわや事件に…?! 

昨日書いた冷凍庫の一件の2時間ほど前のこと…

我が家のキッチン、このような回転棚があるのです。
160405 cucina
*写真はショールームで撮影した同型のものです

スペースを有効に使えるので、なかなか気に入っているのですが、ちょっと困ったことになる場合が。

棚の中で、円型の回る部分からものが落ちると、かなり取りづらいのです。
そもそもきちんと整理しておけば落ちないんだと思いますが(恥)、例えば異なる大きさや形のプラスチック容器などを重ねていると、回した反動で滑り落ちたりします。

で、その日はなんと、一番奥の角に落ちてしまった!
さらに問題なのは、落ちたものがかなり大きめのプラスチック容器だったこと。
はい、引っかかって閉まりませーん!

この棚、以外と奥行きがあって、腕を伸ばしても全く届きません。
んー、困った。
で、ふと思いつきました。(いや、普通はそう考えると思うけど)
「上半身が入れば届くんじゃ?」

やってみると、なんか入りそう。行けるかも。

が! 
ゴソゴソやっているうちに、カタッと小さくも不穏な音がしました。たぶん、プラスチック容器が倒れたんだと思います。
で、なんと、扉が固定されてしまったー!!それ以上、閉まらないし、開かない。 

結局、脱出できたんですが、その時の一瞬ヒヤッとする感じといったら!
こんなところに閉じ込められるなんてー!!

実は、社会福祉体験で保育園実習中のおーち、友達を連れてお昼ご飯を食べに来る予定だったのです。
帰ってくるまであと40分。この不安定な体勢のまま40分耐えられるか。耐えられたとしても、帰ってきたおーちたちに助けられる図って…泣笑 (というか、こんな格好で固まってたら、びっくりしますね)

などなど、5秒ぐらい焦りました。

さて、そのプラスチック容器はどうなったかといいますと…
おーちがひょいっと(というか、くにゃっとというか)入って、あっさり取り出してくれました。
やっぱり、おーちがやると作業スペースが広く取れるんですね。私より痩せてるから当たり前だけど。笑

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2016/04/06 08:21 ] | TB(0) | CM(0)

扉を開けると…怖 

なんか、ホラー系のタイトルでしょ。
なんの扉だったかというと…

冷凍庫!

いつもの調子で開けたところ、「あれ!?」 なんだか力を入れずにすっと開いたのです。

ヒヤッとすると同時に目に飛び込んできたのは、もわもわもわー、というか、ふわふわなカキ氷のような氷!
我が家の冷凍庫は、三段の引き出しになっているんですが、その前面にびっしりとふわふわ氷がついていている状態で、開けた時の風圧で、パラパラと落ちてくるほど!

そう、どうも週末の間(いつ最後に開けたのか覚えていないんですが)ずっと「完全には閉まっていない状態」だったようなのです。
一応、外から見た感じでは閉まっていたんですが、中の引き出しの一つがずれていて、ぴったり閉まるのを阻んでいた、という感じ。

中に入れておいたものは冷凍の状態が保たれてはいたものの、いかんせん、氷まみれ。雪の中に埋めておいたみたいになってました。そして、引き出しの奥には、大きな氷のかたまりが。あー。

160404 frigo1

ということで、クーラーボックスに中身を移し、冷凍庫の電源を切って、引き出し3つはとりあえず氷を払ったあと浴槽に置いておき、霜取り開始。
年が明けてから1回やったのに、また〜?!と、やる気モードゼロでしたが、しかたない。

ちょうど洗おうと思っていたバスマットを冷蔵庫の前に置き、開始。
まあね、ドライバーなどで氷を割るというのは、冷却管などを傷つける恐れがあるので(やりそう)やめて、ドライヤーで温め作戦。
*メーカーではドライヤーの使用も推奨されていないようですが、やっちゃった

ある程度温めると、ゴトッと音がして大きなかたまりが落ちてきたりして、かなりスピードアップしますね。
いやしかし、水滴となって落ちてきて溜まる氷水を、吸い取っては絞って…の作業は、全身が冷えますなー。

最後は、庫内を掃除してアルコールで拭きました。
160404 frigo2

浴槽で待機していた引き出し3つも洗って庫内におさめ、ミッション終了。あーつかれた。

実は、昨日はこの件の前にも扉関係でちょっとした事件があったのですよ。
それは、また次回…

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2016/04/05 17:05 ] | TB(0) | CM(0)

枝落とし完了 

先週、庭の木の枝落としが無事に終わりました!

当初の見積もりでは、丸一日か一日半かかるということでしたが、朝9時から3人でやってきて(みな大男!)、休憩2回と昼休みを挟んで、14時前には終了。

命綱を設置して、はしごで途中まで上り、あとは枝を伝っての作業です。
「こんな細い枝にこんな大きな人が乗って大丈夫?!」と思ってハラハラしましたが、そこはプロ、問題なしでした。
160224 albero1
2階の天窓から撮影


当初の予定だった(というか私たちが認識していた)「全体を枝の先1/3ずつ切る」というのとはだいぶ違い(想定内)、屋根側の枝はかなり短く切り戻し、空き地側はほとんど手付かずで残していました。

こちらが屋根側。けっこうバッサリでしょ? 屋根の上にかかる枝はなくなりました。
160224 albero2

そして、空き地側から見るとこんな感じ。夜の画像で分かりづらいですが、全体的な枝ぶりはあまり変わらなく見えます。
160224 albero3

これから、新しい枝葉はどんな感じで伸びてくるのでしょうか?
夏になったらまた報告しますね。

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2016/02/29 10:19 ] | TB(0) | CM(0)