ロストバゲージ、再び 

昨日、おーちの友達のスーツケースが見つかり、やっと京都に届いた、と書いたんですが…

なんと!! 今度は先生がロストバゲージ!!

昨日の午後、京都の市バスの中に、スーツケースを置き忘れてしまったんだそうです!
というか、正しくはロストバゲージではなく、ただの「置き忘れ」なんですが。笑

しかし!さすがは日本!夜にはホテルに届いたそうです。すごいですね! 

折しも今日、渋谷駅前の銀行で爆弾騒ぎがあり、周辺の交通まで規制されたとのこと。
キャリーバッグを置いて立ち去った外国人風の男の身柄が確保される、という…

先生も今日や明日だったら、身柄確保されちゃってたかもです。 …ないか。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2016/10/07 09:44 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(2)

ロストバゲージ、その後 

学校の仲間&先生と日本滞在中 のおーち。
熊本での姉妹校の生徒さんたちとの交流会も無事終わり、一昨日、京都へ移動しました。

心配していた台風も、それほどの影響はなかったようですが、念のため昨日は早めにユースホステルに戻ったと言っていました。
そろそろ疲れのたまるころ、ちょうどいい「休養」になったかもしれません。

さて、実は日本到着時、羽田でちょっとしたトラブルがあったそうなんです。
友達のスーツケースがが出てこない=ロストバゲージです!
ロンドン乗り換えのブリティッシュ・エアウェイズでは、よく聞く話みたいです。
うちも一度ありました。 8年前!懐かしいなー
→ 「ただいま〜(やっと)」

先に荷物を受け取ったおーちは、ジャパンレイルパス(外国人旅行客用のJRのクーポン)の引き換えや、都内の地下鉄フリーパスなどのリサーチのため、他の友達と一足早く到着ロビーへ出てしまったため、残念ながらロストバゲージの手続きなどは手伝ってあげられなかったのだそうです。(まあ、英語が通じるので大して問題じゃなかったと思いますが)

で、見つかり次第、滞在先に郵送ということになっていたそうなんですが…
東京にいる間には見つからず、熊本にも送られてくることはなく、やっと、滞在6日めに京都に届いたのだそうです!

なくなってしまうよりはいいですが、熊本のホストファミリーへのお土産なんかも入っていたはずなんですよ。
それに、さすがに服や日用品だって買わなければならず…さぞ、大変だったかと。
(幸い、買い足したものについては、ブリティッシュ・エアウェイズで補償してくれるそうです)

京都と奈良、そして最終日の東京も、思い出深い滞在になるよう、願っています。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2016/10/06 09:06 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(0)

入学許可取り消し!? 

こどもたちもとりあえずは大きくなって、もう「こども」という記事カテゴリーにも違和感ありありな感じですが…


ぺい、卒論も無事提出し、これまで通っていたフランクフルト大学の大学院(マスター)への進学も決まりました。
(といっても、卒論の査証はまだ終わっておらず、学部の卒業証明も成績証明も出ていない段階なのですが…)

全ての授業が英語となるコースを希望していたため、高校で履修が認定されていない「英語」の実力証明が必要で(仏語のクラスだったので)、TOEFLを受けて応募した大学院。
念願の分野に進めるということで、ほっとしながらもギアを入れ直して、10月半ばからがんばろう、という雰囲気だったんですが…

なーんと!このあいだ、驚きの手紙が寮のポストに入っていたそうなのです。

「あなたの大学院の在籍資格は、9月30日をもって抹消されます」

という内容!

かなりのんびり屋のぺいですが、さすがに手紙を握ってそのまま大学の窓口へ行ったそうです。

担当者の説明は…
「次学期の入学希望者の学費の振込期限は7月末だったのです。ということで、8月半ば過ぎの振込は、遅延ということで処理されました」 みたいな感じだったそうで。

とはいえ、ぺいによれば、「話の分かる人だった」とのことで、
「9月末日までに規定の延滞超過金を払えば、在籍資格を復活できます」と言われたとのこと。

それなら!!と、大急ぎでその遅延超過金を振り込みましたよ。


でも。
この際仕方がない、と支払ったものの、今考えても、どうしても納得がいかないのですよ。

なぜなら…

大学院の合格通知が来たのは、8月半ば
そして、その通知に8月末までに、所定の学費を振り込んでください」と書いてあったんですよ!

この状況で、どーして7月末に振り込めるんでしょうか????? 謎すぎる。

翌学期(二期制)も在籍を希望する学部生の場合が、7月末までに学費を振り込むだったような。
それと混同してるのでしょうか… だとすると、ちゃんと入学できるんだろうか?という不安も。

というか、担当者は別に「話の分かる人」じゃないよね、ぺい?
ま、ドイツもいろいろ理不尽なことが起こるので、とりあえずは取り消されることがなさそうでホッとした、という意味だったんだと思いますが。

晴れて入学が確定(確認?)できた後、問い合わせをしてみようかと思っています。

しかしまあ、たまたまぺいがフランクフルトの寮に残っていたからよかったですが、本来、今は休暇中で、卒論提出の後、旅行に出るとか、帰省するとかいう可能性が高いわけですよ。

もし、その手紙を見つけていなかったら…と思うと、ぞっとするー。
(まあ、いざとなれば裁判でもすれば勝てそうですが)


無事に学部の卒業証明をもらい、10月10日の大学院初日に「おまえ誰?」と言われなかったことを確認してから、晴れて「おめでとう!」と言いたいと思います。

日本みたいに「卒業式」がない、などは承知ですが、こんなにいろいろ流動的で不確定要素が大きいと、感慨も半分以下、だなあ。
やれやれ、ほんと疲れる。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2016/09/29 16:35 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(6)

ともあれ、出発! 

さて、一行は日本に向けて出発いたしました。 
朝3時起き & ロンドン乗り換えの長時間フライト & 7時間の時差…  って、時差も何ももうめちゃくちゃという感じですね。

朝7時半に羽田に到着し、ホテルに荷物を置いて、そのまま観光、という計画だそうですが、どうでしょうねえ。
飛行機で眠れるといいんですが… 寝ないですよねー、きっと。笑

昨日は、みんなワクワクと浮き足立っていたようで、両替した円(二千円札だったそうです)を持ってきてみんなに見せたりしている子もいたとか。

先生たちも同様で…
昨日の最後の時間は「フランス語」で、ちょうど引率で日本へ行くBu先生の授業でしたが、
「えーと、だいたいやるとこ終わったわね♡ 私、まだ荷物の準備終わってないので、今日はこれでおしまい!」と、早々に切り上げて帰ってしまったのだそうです。

もう一人の宗教学(カトリック)のBi先生も、神社の山門っぽい日本風の建物の写真を、WhatsApp(LINEみたいなものです)でメンバーに送り、「おーい、みんなまだ着いてないのか?!」などと冗談を言っていたり。 ←実はこの近くのテーマパークの写真。ていうか、それ中国式庭園なんですが…笑

いやもう、そんな様子を聞くだけで、みんな楽しみにしてるんだなあ、と、なんか嬉しい☆


でも、今日の日を迎えるのにけっこう「?!?!?」なことがあったんですよ。

こちらは9月が新年度の始まりなので、6月終わりになると、教員の異動などの話がちらほら出てくるわけですよ。

そんな中、なんと、日本行きプロジェクトを取り仕切っていたBi先生(前述の中国式庭園の)が、別のギムナジウムに異動する、という噂が出たんです!

「え?まじ?」と、思いましたが、さすがにそんなことはなく。

…ということはなく、本当に異動していなくなってしまった!!! 

ちょっと信じがたいですよね。日本だったら有り得ない。
「これ、一体どーなるの???」 と、なりますよね。

ところが、これまたビッッックリなんですが、このプロジェクトに関しては、ちゃんと全うするということで、なんと!異動先の学校を休んで、我が校のこどもたちを引率して予定通りに日本へ行く、とういうんですよ!

いやー、異動もですが、さらにビックリですよね。
日本だったら、何かあった場合の責任の所在とかなんとか、面倒になりそう。

で、他にも気になることがありまして…
前に、メールでお知らせすると言っていた、航空機の便名も、宿泊する施設も(ユースホステルっぽいものらしい)結局、届かず。
「着いたら、一応、泊まるところの名前教えてね」と、おーちに言っておくしかないという…
他の親御さんも気にならないんですかねえ。

ともあれ、今朝(4時)は両先生ともしっかり元気に駅で待機してくれてました。

みんな病気や怪我なく、願わくは地震や台風もなく、新しい発見がたくさんの楽しい旅になるよう、願っています。


しかし、Bu先生の着ていたダウンジャケット、日本では全く使わないと思うなあ。西日本は特に、まだ暑そうですもんね。
天気予報ぐらい見てると思うんだけど…んー


⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2016/09/28 13:39 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(3)

17歳のバースデーケーキ 

口腔外科のオペなどでバタバタしていて書き逃しておりましたが…

おーち、17歳になりました! 

今でも家族に「こぶた」「こぶちゃん」「oink(豚の鳴き声)」などと呼ばれ、 いじめられ 愛されているおーち。

今回、初挑戦のケーキを作ってみました!


まず、丸型でスポンジ(ジェノワーズ?)を焼き、それを横半分にカット。

ボウルに1枚敷きこみ、生クリームとベリーを詰め、この上にもう1枚でふたをして…
160910 torta oink1


冷蔵庫で冷やして形を落ち着かせたあと、クリームを塗ります。
160910 torta oink crema


その上に、市販の砂糖でできたフォンダンシートをかぶせ、鼻と足をつけます。
torta oink3


はい、できあがり!
160910 torta oink


おーちの反応は、
「………………(よくやるねえ)」でしたが。笑

⇩ 応援クリック、お願いします☆
banner-tsuta2013
[ 2016/09/16 15:11 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(2)