地ビール限定グラス 

先週末は、近くの広場で春のお祭りがありました。
といっても、屋台がいくつか並ぶぐらいのものですけどね。

ほぼ散ってしまった桜ですが、咲いているひと枝を見つけました。後ろの新葉もきれいですよね。
170401 sakura

お昼過ぎにふぇとふたりでふらっと出かけて、まずはソーセージ&ビール。
毎年、これで「春が来たなー」と実感します。 
夏でも秋でも冬でもソーセージ屋台はあるんですけどね
170401 kerwe

フライドポテトはひとつ頼んで分けるつもりが、なぜか2つ来てしまいました。普通に食べちゃったけど。へへ。

さて、ちょっとグラスに注目してみてください。
地ビール「ハイデルベルガー」のオリジナルのグラスですが、これさらに特別限定バージョンなんです。

わかりにくいのでもう一枚。
170402 hd 2017 birra

私たちの住むキルヒハイム地区というのは、ハイデルベルク市内ですが、古くは独立した町でして、今年(2017)は、町ができて1250年 という記念の年なのです!

正しくは、公文書に町の名前「Kirchheim」が初出したのが767年、ということで、もっと前から存在していた可能性が高いそうです。
ハイデルベルクよりも歴史が古いのですね。

通常、屋台でビールや飲みものを注文すると、Pfandという料金が追加され、グラスやカップを返却するとPfand分が返金されるという仕組みになっています。今回、Pfandは3€。

でも、このグラス、記念にぜひほしくなり… もともとこのハイデルベルガーのオリジナルグラスが好きで、どこかで売っていないかな、と探していたんです。今回はさらに限定バージョンですからね!

クリスマスマーケットの屋台のカップなどは毎年デザインが違うのでコレクターが多く、pfand分を返してもらわずにそのまま持ち帰るというケースも多いようですが、ビールのグラスでそれをしている人はあまり見たことがないので、一応、お店の人に聞いてみると…

「はいどうぞ!」と、なんと、棚から新しいグラスをおろしてきてくれました!

というわけで、これからは家でもこのグラスが使えます 300mlというのもちょうどいい大きさなんです。
実は、ハイデルベルガービール自体はあまり評判がよくなく(特に若者には不人気とか)、うちでも少し離れた町のビールを好んで飲んでいるんですが、それは秘密。

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2017/04/05 08:50 ] モノいろいろ | TB(0) | CM(0)

修理?買い替え? 

買ってからすでに10年以上が経っているホームベーカリーがついに壊れました。

モーター音はするのですが、羽が回らないのです。
しばらく前から、音が大きくなったな、とは思っていたのですが…

スーパーの期間限定のセールで、30ユーロ弱で購入したものです。
粉のせいかこの機械のせいか、食パン(の形状のもの)の出来上がりがイマイチだったので、焼き上げまではせず、混ぜる+捏ねる+一次発酵までだけをお任せしていました。

機能を使いこなしているわけではないのが残念ですが、まあ、10年使ったし。
「おつかれさまでした」と、しみじみしつつ、「焼く機能はいらなそうだから、卵の泡立ても捏ねもできるキッチンマシンにしようかな♪」などとリサーチを開始。

が。
だいたい想像はついていたんですが、ふぇ登場。
「どこが壊れてるの?直せないかな」と。 
はい、とっても正しいのです。正しいんだけどー!

で、分解を始めました。 
特殊なネジが使われていたり、もー、かくかくしかじかあり、幾多の問題をクリアし、ついに原因にたどりつきました。

モーターと羽が回る部分を繋ぐベルトが劣化!
外側のプラスチック(歯車の歯の部分)はほぼ消滅し、かろうじて芯の糸の束が残っています。この何本かが絡まって切れ、動力が伝わらなくなったのですね。
170402 cingia

それほど頻繁には使っていませんでしたが、捏ねにはかなりの力を要するのでしょうね。

いかんせん、これはもうダメでしょう。 …と思いきや!
さすがはドイツ!これだけ古いモデルなのに、なんと、メーカーではまだパーツが販売されているのです! ちょっと「あーあ…」

パンのかま(パンケース?)と羽根も傷んでいるので、ついでに替えるといいですね。

そうすれば、しばらく使えるかなあ。
卵の泡立てはできないけど、それはまだハンドミキサーがあるし(これも15年以上使ってるから危ないんだが)、パン生地の捏ね+一次発酵に特化して使ってもいいか…と、憧れのキッチンマシーンは諦め、修理モードに。

と!
ベルトとパンケースと羽根の合計代金は32ユーロほど。
なんと、それだけ出すと、本体が買えてしまう…

焼きの機能を使うわけではないものを、わざわざ新品を買わなくてもいいような気もするし…
エコロジーの観点からは、パーツ買い→修理がいいんだろうけど、部品を変えても100%直るという保証はないし…

いっそ、キッチンマシンに… ←ここに戻る

んー、でもね、キッチンマシンって高いんですよね。1000€超えなんてザラ。
もちろん、そんな高価なものは買うつもりはありませんけどね。

ざっとネットで見たところ、みじん切りとかうちには不要な(使いこなせない)機能のついていない「混ぜ、泡立て、捏ね」だけのものだと、Boschの製品が160€ぐらいであるのです。
少し前のモデルらしく、amazonや大手スーパーのオンラインショップでは90€になっているんですよ!
とはいえ、ホームベーカリーの約3倍…ということで悩んでいるのです。発酵のための温度調節もできないし。

あーどうしよう。
いかにも小市民的なぼやきですみません。

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2017/04/04 07:58 ] モノいろいろ | TB(0) | CM(4)

お気に入りトート 

義妹のTちゃんが、こんなトートバッグをプレゼントしてくれました。
つくばのマップがプリントされているのです。

170331 tsukuba tote

大きさは、47cm×41cm×マチ15cmと、少し大きめ。
スーパーへ行く時にちょうどよい大きさなのです。
小さいバッグだと2つにしなければならないし、あまり大きいと重いものばかりの買い物になった時に大変だしね。

しかもこれは横長なので歩く時に邪魔にならないし、持ち手がまた絶妙な長さなのです。
ドイツのものだと、たまに長すぎて本体が下のほうにきちゃったりするものがあり…

ここの平均身長が高いせいですね、きっと。
他にも、くつ下が膝頭のちょうど上というおかしな長さになるとか、コートのポケットが微妙に下で手を入れると往年の不良少年っぽい雰囲気になってしまう、とか、しっくりこないことが多いのです。

話を戻しまして…

一気に春を通り越して夏のようなお天気になっているので、白い薄手のブラウスにスカンツ(っていうんですね)+スニーカーで買いものに行きましたが、そんな時にもこのトートはぴったりなんですよ。
主婦って(主婦じゃなくても)こういうアイテムがあるとルーティンも気分が上がりますよね〜。


ところが、「あ、ここかー」などと地図を見ていた娘たちから指摘が!

小さいからそんなに目立たないと思うけど、近くで見たらここでは「…え?!」って思う人がいるかもよ、と。

それは、地図中にいくつかある寺院の印
そう、ハーケンクロイツに見えるというのです。
お寺は左向きのかぎ、ハーケンクロイツは基本的に右向きですが、印象としては同じらしく…
しかも、TSUKUBA-CITYの真横にもあるし


別に日本ではれっきとした寺院の意味だし、仏教を中心に古くから世界の広い範囲で使われているものなので、問題はないと思うんですが…いちいち説明するわけにもいかないしね。

ということで、気にせず持ち歩いていますが、市電やバスなど、じーっと見られがちな場所では念のためくるっと向きを変えて持っております。^^;

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2017/03/31 10:04 ] モノいろいろ | TB(0) | CM(4)

買わなかったけど… 

1月に帰国した時にも行った店(お赤飯のパックがほしくなったところ)。
→ 「自家製、やってみる?」

今回も、ちょっと気になるものを発見!

田植え用の長靴 「みのる君」です。
170320 taue

田植えどころかガーデニングすらろくにしないので、たぶん、本来の目的で使うことはないと思うんですが、近くの農場を散歩する時にちょっと観察に入りたい(無断で畑に入ってはいけません。てへ)という場合に、一応履いていると便利かな、と。

あと、大雨で地下室に水が入ったりしたら活躍しそうです。

ドイツにはほとんどない22.5cmがあるし!

とかなんとか、いろいろ言い訳を並べたんですが、やはりどう考えても私には無駄な買い物になりそうなので、諦めました。
「みのる君」もちゃんと本来の目的で使ってもらったほうがいいもんね。

ところで、「みのる君 先丸」という表示が気になって(先丸の他になにかあるのか?)、調べてみたら、うーむとうなる納得の結果が!

なんだと思いますか?
まさか「オープントウ(ありえない)」「スクエアトウ(ちょっと考えた)」とか考える人はいないと思いますが…

正解は、「指付」でした! 足先が足袋みたいな形状になっているもののことです。これは作業がしやすそうです。

何年か前に、郊外にセカンドハウスを買った義父に地下足袋をプレゼントしたことがあるのです。
いろいろ家の作業には便利かな?と思って。しばらくお蔵入りだったようですが、不具合があって屋根に登らなければならなかった時に使ってみたんだそうです。
そうしたら!義父、絶賛しておりましたよ。滑らないし、足場の感覚がちょうどよく伝わり、また指先が分かれていることで踏ん張りがきく、と。


さて、この農作業用の長靴、みのる君のほかにもラインナップが充実しています。
興味のある方はこちらへ → 「アトム株式会社」長靴・履物のページ

こういう物づくり、さすが日本という感じがします。
商品の説明にも愛情が感じられますね。
各地の田んぼで、畑で、森で活躍してほしいものです。^^

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2017/03/30 09:41 ] モノいろいろ | TB(0) | CM(0)

桜いろいろ 

このあたり、すでに葉桜となっております。
170328 sakura

さて、この季節の日本は、桜づくしですね。
店には桜関連の商品があちらこちらに!

日本の方にはなにも珍しくないと思いますが… 海外組の方にご報告☆

言わずと知れたチロルチョコ
170328 tyrol choco

こちらは、岩手のお菓子「かもめの玉子」の桜バージョン
170328 sakuradayori

さくら生八ツ橋
1703 sakura yatsuhashi
八ツ橋だからニッキの香りがするのは当然なんですが、せっかくの桜の風味はほとんど感じられないかと…

これは結局買いませんでしたが、気になったので写真だけ撮っておいたのでした…
1703 sakura dessert

ネクター「ももとさくら」
味が創造できるようなできないような…こちらも写真のみ
1703 sakura & momo

特にさくら味というわけではないんですが…
1703 sakura tamago

そして、去年も気になっていた「ダノンビオ さくら味」
ほんのりさくら風味で、なかなかよかったですよ。
1703 sakura yoghurt

「スイートさくらティー」
茶葉の入っていない桜の花だけのお茶ということで試しに買ってみました。
170328 sakura tea

まあ、桜湯と同じですね。微妙に塩気も残っています。バラバラになった花びらが多いので、食べる感じになってしまう。笑
170326 sakura tea

これだったら、桜の花の塩漬けを塩抜きして、形のいいものを選んで浮かせたほうがいいかも。
コスパを考えても、かなりこれは割高な気が。
海外の方へのお土産としてならいいかもしれません。桜の花の塩漬けをそのまま差し上げるよりはスマートかな。


それから、桜関連ではないですが、 こんなのも。
きのこの山とたけのこの里 わくわくイースター
170328 kino-take easter

今年の復活祭は、4月16日です。

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2017/03/29 10:10 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

帰りの機内で 

昨日の朝は、成田空港で雪混じり の天気となり、機体の防除雪作業に追われたとのニュースがありましたね。
毎日、かなりの気温差があるようですね。

先週、私がドイツに戻った日は、とても穏やかな空で、快適な旅となりました。
ツアーの団体が多かったせいか、フランクフルト便はほぼ満席!…な中、私の隣は空席でした☆

すぐ前に、小さなお子さんを連れたドイツ在住の家族がいらして、「あー、そんな時代もあったっけ」と、懐かしく思い出しておりました。
3人連れのフライトは、まさしく「臨戦態勢」だったなー。気力・体力・時の運、みたいな。笑

おーちのおむつを替えるのに後方のトイレへ行くと、戻るときに、座席の背もたれに後ろ向きに顔がふたつ並んでいましたっけ。
まわりの方が、「ママ帰ってきたよ。おりこうだったね」と声をかけてくださったりね。

あの頃は、「ひとりでゆっくり飛行機に乗りたい」と、思うこともありましたが、いざひとりで乗れるようになると、これがなかなか寂しくもあり。
さらに時が経てば、今度は、「ひとりで乗せるのは危ない」とか言われるようになるのかな。


さて、恒例の機内食レポートです。

13時半ごろ、遅めのランチ。
家を出たのが早く、朝食は6時だったので、かなりお腹が空いていたなー。
170324 jal lunch
今回も、フードスタイリスト飯島奈美さん監修のメニューだそうです。

牛すきごはん
じゃがいもとさつまいものポテトサラダ
野菜のゴマしょうが和え
チョップドサラダ フレンチドレッシング添え
特製フルーツポンチ
フルーツ食べたかったけど、キウイが入っていたのでパス。(好きなのにアレルギーがあるのです)


デザートには、ハーゲンダッツのアイスクリーム。
JAL機内限定「クリームチーズタルト」
170324 ice
「タルト」というのがみそで、クッキークリームのような香ばしさが加わっておいしくいただきました☆


そして、着陸の2時間前に出されたのが こちら。 
フランクフルト時間の13時ごろなので、またまたランチという感じでしょうか
170324 jal lunch2

AIR スープストックトーキョー 北海道産とうもろこしのシチュー
ジェノベーゼのショートパスタ
黄桃とヨーグルトゼリー
石窯パン

シチューにはごろっと大きめの野菜も入っています。
普段、クリーム系のシチューは進んで食べないのですが、ほっとする味でおいしかったです。

近くにいた初老のご婦人が、「これはおいしい!」「あー、ほんとおいっっしー!」「いやー、おいしいわこれ」と、感激していらっしゃいました。
おいしい時、うれしい時に、言葉にするというのは、大事だなあ、と思いました。
自分も周りの人もちょっと幸せになりますね。 隣にいたご主人らしき方は完全無視でしたが… 笑


 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2017/03/28 08:41 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

成田です 

みなさま、お久しぶりです!
東京はすでに桜の開花宣言が出ていますね。
あともう少し、というところですが、ドイツに戻ります。

ドイツのほうはというと...なんだか今年は気温が高いようで、満開は過ぎてしまったところが多いようです。
今年は外したなー、という感じ。涙

さてさて、今、成田空港におります。
ゲートに早く着きすぎて、ひまー。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2017/03/24 01:42 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

しばし日本へ 

今夜の便で一時帰国することになりました。

サウジアラビアのサルマン国王&1000人を超える一行、12日の日曜に来日だそうですね。^^;

「えええ!なんか大変そう」と思いきや、サルマン国王は羽田着らしく…
私は成田着で、そのまま都内は通らずにリムジンバスで地元に向かうので、影響はないと思われます。

梅の花、もう終わっちゃったかなあ。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2017/03/11 13:37 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

エラー切手 

先週末の地域情報誌に、昨年2016年のドイツのクリスマス切手に関するニュースが。

170304 francobollo

写真の白丸で囲った部分に間違いがあるのです!
上に小さめに載っているのが正しい切手です。

まず、(正)jul (誤)Jul
そして、(正)kerstfeest  には、(誤)Kerstfest という2つの間違いが…

それぞれ、デンマーク語とオランダ語だそうです。

ドイツ語は、名詞は文中にあっても大文字で始まるという決まりがあります。
ということで、「クリスマス」 を表す 「Jul」 と 「Kerstfeest」 を大文字で表記してしまったようです。
「feest」 は、ドイツ語の 「fest」 に引きずられたものと思われます。

でも!名詞の大文字表記については、ちょっと弁解できると思うんですよ!

なぜなら…
通常、名詞の頭文字が文中で大文字にならない 英語イタリア語フランス語 ですが、「クリスマス」を表す語の頭文字は常に大文字なのです。
Merry Christmas も Joyeux Noël も Buon Natale も最初の文字は大文字で表記されます。

だから、みんな大文字にしてしまったけれども、実はデンマーク語とオランダ語はフェイント(?)だったということでしょう。

ところで、この記事のメインの話は、この間違いではないのです。


このエラー切手、11月2日に発売されてから、エラーが見つかり回収される11月30日まで販売されていたそうなんです。
その時期ですから、まだそれほどは出回らず、もちろん希少価値が…で、値段が高騰!

なんと! 元値70セント(約85円)の切手が、1,187€(約142,000円)で取引されたのだそうですよ。

もー、残念!!
うちでは、毎年、この「クリスマス限定切手」を使っていたんですよ。

でも、クリスマスカードのほとんどがドイツ国外宛てで、70セントでは足らず、少額切手をベタベタと貼り足さなければならないのが面倒で、一昨年からインターネットで自宅で印刷できるバーコード切手にしてしまったのでした!!!

60通は出してるし、だいたいは多めに切手を買ってるから… あああ、買ってたらなああ。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2017/03/10 07:52 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

桜あんパン 

ちぎりパンがけっこううまくいったので、桜あんパンも作ってみました。
ちょうど 賞味期限が2014 桜の花の塩漬けが残っていたのでね。

同じ配合で、また一次発酵まではホームベーカリーにお任せ。
その後、今回は12分割しました。全体で600gなので、これもひとつ50gと簡単。いいな、600g。
170303 anpan1

焼き上がり。
170303 anpan2

「あんパンにはもう少ししっかりめの生地のほうがいいかな(ちぎりパンほにょほにょだったので)」と思っていましたが、それほど違和感もなく、あんパンの生地らしくなってくれました。

もう一袋 賞味期限が2015 桜の花の塩漬けがあるので、桜の咲く頃にまた作りたいと思います☆


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2017/03/08 07:55 ] | TB(0) | CM(2)