商標いろいろ 

今朝、こんな記事を見ました。

[ロンドン 20日 ロイター] - ビートルズの故ジョン・レノンの妻でアーティストのオノ・ヨーコさんが、レノンさんの名前をもじった「ジョン・レモン」の銘柄の飲料を英国で発売したポーランドの飲料メーカーに対し、商標権侵害だと抗議し、法的措置も辞さない姿勢を示した。

オノ・ヨーコさんの担当弁護士らは、販売店向けに、商標権を侵害した場合1日に5000ユーロ(約67万円)、1本販売するごとに500ユーロの支払いを請求される可能性があると警告。これを受け、飲料メーカーは銘柄名を「オン・レモン」に変更することに同意した。

オノさんの弁護士は「ジョン・レモン・アイルランド」のフェイスブック投稿にレノンさんの画像が含まれていると指摘している。また、宣伝資料に書かれたブランドロゴの横には「レット・イット・ビー」の文字や、丸メガネが添えられている。

飲料メーカー側の弁護士は権利侵害はなかったとし、ジョン・レモンの商標はジョン・レノンの商標が欧州連合(EU)に登録される2年前の2014年に登録済みとしている。 


別の記事によると、このポーランドの銘柄だけでなく、商標登録されている「John Lemon」は39もあるそうです。

最初、「愛され続けている故のことだし、まあそのぐらいはいいんじゃないか」と思いましたが、よく読むと画像やレット・イット・ビー、丸メガネが使われていたんですね。んー、そうなるとアウトかな、と。敢えて使わないほうが粋だと思うんだけど…(そういう問題じゃないが)


それで、ふと思い出したんですが…
前に、「草刈機のまさおくん」とかいうものがある、と聞いたような。

で、調べてみたら!
なんと、この会社、ツワモノでした。
他にざっと挙げると…

男前刈清
ブッシュ・カーター・ジョージ
代表取締役芝耕作
ピンクレディ (←そのまま)
ピンクレディ・ヒラリー
北国の春…お   
みなみの春…お
安全湿地帯
三輪駆動静香


個人的には、「安全湿地帯」と「三輪駆動静香」がツボでした。 
「北国の春…お」と「みなみの春…お」は、セットで提示しないとちょっと無理があるかな〜。

朝から笑えました。一日、元気に過ごせそうです。 ^^


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2017/09/21 09:03 ] ニュースから | TB(0) | CM(2)

おめでとうのケーキ 

このところ曇天続き…
日も短くなってきて、いよいよ冬の訪れ…(早すぎ。大げさ)

毎年毎年書いていると思いますが、日が短くなる=夜明けが遅いというのが嫌なんですよねー。
ちなみに今日の日の出は7:08でした。


さて、なんとなく書くことがあるようなないようななので、このあいだのおーち18歳の誕生日に作ったケーキの話を。

リクエストは「ラズベリーを使ったケーキ」だったので、ラズベリークランブルにしてみました。…ラズベリーレアチーズと迷ったんですが

まず、 封を切ったまま残ってい 香りもいいししっとり感もあるアーモンドプードル入りの生地をタルト型に流し、
170912 torta di lamponi1

ラズベリーと砂糖を火にかけて煮詰め、裏ごししたソース(←がんばりポイント。私にしては)を回しかけ、
170912 torta di lamponi2

ラズベリーを適当に配置し、
170912 torta di lamponi3

クランブルをパラパラとのせ、
170912 torta di lamponi4

焼き上がり!
「厚手の陶器の型だし」と、30分確認せずに放置していたら、ちょっと焼きすぎ感が…
170912 torta di lamponi5

イメージとしては、クランブルが少し色づく程度の、もう少し華奢な(?)焼き加減だったんですけどね。
まあ、これはこれでよしとしましょう。


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2017/09/20 11:17 ] | TB(0) | CM(0)

Ohrwurm 

最近、困っていることがありまして…

それは、Ohrwurm。
ドイツ語で、直訳すると「耳のみみず」です。
といっても、耳鼻科的に問題があるわけではないのですよ。

気がつくと頭の中で同じ曲がなんども繰り返されて、なかなか離れてくれない。あー、邪魔!っていうことないですか?
それが、Ohrwurmです。英語でもEarwormと呼びますが、これはドイツ語から来ているとのことです。

で、どんな曲がずーーーっと流れているかというと…

日本で見たCM 「純金積立 みんなでコツコツ篇」です!

もうね、合いの手の「コツコツ!」まで忠実に入ってくる。笑  

厄介なことに、今回は映像までセットなのですよ。あー。
立てた指三本とか、タンバリンを持って飛び跳ねるこども、ノリノリのサキソフォン…

なんかこう、それほどよくない意味でツボというんでしょうか、意識にごりごりと潜入してくるのです。

純金積立自体には、これといって興味も恨みもないんですがねえ。

ということで、「えー、どういうCMだっけ?」と気になるみなさん、 こちらでどうぞ。




  ← 応援クリックお願いします!
[ 2017/09/18 08:24 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

電気自動車 

先週、日産の電気自動車「リーフ」がフルモデルチェンジして10月に発売開始、というニュースがありました。
持続走行距離が400kmに伸び、プロパイロット パーキング(自動駐車システム)も搭載とか!


ふぇは、次は電気自動車(EV)にしたいそうで、Teslaが出たての頃から「いいないいなー」と言っていましたが、ここへきて各社とも開発が加速しているようで、思いの外早く普及しそうな気配。

フランクフルトの今年のモーターショーでも、ドイツ各社がそれぞれのEV熱いPRを繰り広げているようです。
ドイツにおいては、日本に比べてハイブリッドやプラグインハイブリッドの普及がまだまだ少ないように見えますが、一気に電気自動車へ移行していくのでしょうかね。

メルセデス・ベンツ
2022年までに10モデルについてEV化を進める

フォルクスワーゲン
2025年間でに50モデルのEV発売を目標に

BMW
2020年までに全ラインアップをEV化

↑各社とも、持続走行距離500-600kmと謳っています。日常生活で乗るなら、それほど距離数はいらないですが、わが家の場合はイタリアのふぇ実家へ行くなど長距離乗ることも多いことを考えると、500-600kmというのはありがたいです。
できれば、5人が普通に座れるよう、後部座席がちゃんとした3列になっているといいですね。(最近は私が後部座席の真ん中に座らされることが多いので。笑)

EVはエンジンがない分、後部だけでなくフロント部分もラゲッジスペースになるので、コンパクトサイズでも荷物がかなり載せられるというのもいいですね。

あとは価格…そして高速道路などでの利便性(充電など)がどうなってくるか、ですかね〜。

なんでも買える、という余裕があるんだったら、Tesla model Sがいいなあ。
たまに街なかで見かけるんですが、かっこいいんですよー! 


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2017/09/15 10:10 ] いろいろ | TB(0) | CM(4)

特大キャベツ 

シュピッツコール(訳すと「とんがりキャベツ」)と呼ばれるこちら。

球状のものは、巻きが隙間なくしっかりしすぎていて使いにくく、こちらのシュピッツコールのほうが日本のキャベツに近い感じなので、だいたいはこちらを買います。

が!よく見てください!巨大なのですよ〜。 ということで、今回はパス
左隣にある赤キャベツが一般的なキャベツの大きさです。

170902 spitzkohl



このあたり、今日明日と大雨強風警報が… 
ピークはまだこれから、とのことですが、すでに道路には街路樹の枝が落ちているのが見えます。

日本でも、台風18号が連休にかけて縦断となる可能性があるらしいですね。
どうぞお気をつけください。


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2017/09/13 09:05 ] | TB(0) | CM(2)

ロシアンルーレット 

この夏、日本滞在中は、母への供えものの他にも、近所の方からたくさんの頂きものがありました。

帰省先や旅行先のお土産、採れたての野菜などなど。
野菜はどれも新鮮でとてもありがたいのですが…どうがんばっても食べきれない量の場合もあり ^^, 、ご近所へお福分けした(一応、すでにあるかどうかを先方に確認)ものもありました


さて、頂いたもののひとつ。
ビニールにこの状態で入っていたんですが…  
「ししとうと青唐辛子だからね!」とのことでした。 
また微妙なもの一緒にしますねー
1708 shishitou

大きさと形でだーいたい見分けがつきそうですけども、んー、中にはかなり迷うものもあり。
私(&ふぇ)がいるあいだに、「これはししとうだろう」と、あたりをつけて選んだものはすべて正解でしたけどね。


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2017/09/12 10:48 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

ラグビーセブンスU18ヨーロッパ選手権 

昨日の日曜日、すぐ近くで7人制ラグビー18歳以下のヨーロッパ大会が開催されていたので、散歩&昼食がてら行ってきました。
暑くもなく寒くもなく、からっと天気もよく、スポーツ観戦にはもってこいの日でした。

170910 Rugby7U18EM10

170910 Rugby7U18EM3

170910 Rugby7U18EM2

ヨーロッパ大会といっても、入場口(チケットを売っているテント)やソーセージスタンドは、会場となっているラグビー場を普段使っている地元のラグビークラブのメンバーが担当。ケーキも持ち寄りのもので、ひじょーにアットホーム。笑
170910 Rugby7U18EM1 170910 Rugby7U18EM4

なんかね、青空とソーセージとビール、そして元気な若者、平和のありがたさをひしひしと感じました。


こちらはフィールド傍にある各国の控え室(テント!)。みんな楽しそうでしたよ。
170910 Rugby7U18EM6


決勝は、アイルランドvsフランス。最後だけは、国歌斉唱があります。
170910 Rugby7U18EM7


16か国の戦い、見事頂点に輝いたのはアイルランド代表でした!2連覇を達成だそうです。
170910 Rugby7U18EM8


さて、昨日はおーちの18歳の誕生日 でもありました。 …本人は友達とベルリンに行っていて不在ですが
これで、こどもたち3人全てが成人です! 

晴れやかな門出を祝い、これからの人生にエールをおくりたいと思います。
世界に、そしてすべての屋根の下に平和がありますように。


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2017/09/11 08:42 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

?!?! 

最近るーとおーちの気に入っているアイス。
なんと、袋を開けたら、こんな状態で出てきました! 

170903 plombir

これ、なんかかじったあとのように見えなくないですか?
外箱も袋も開いてはいなかったので、製造過程でこうなったとしか思えないんですが…


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2017/09/07 10:06 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

シルバーシート 

久しぶりにバスで街に行ってきました。
途中で、どう見ても「高齢者」にあたると思われるご婦人が乗って来られました。
きれいな白髪、丸まった背中。バスの乗り口の低いステップですら、手すりに手をかけてよいっっっしょっと上がる感じです。

乗って目の前にある、杖のマークの貼られたいわゆるシルバーシートはすべて空席。
あーよかった、と思いきや…

近くにいる乗客がそこへ座っていただこうと手助けすると、しかめた顔の前で手をひらひらと振って、「いえいえ」と。
そして、後方へ。

このバスは、後方部分が高くなっていて、段をのぼらなければなりません。
窓際などはさらに高くなっている席もあり、かなり複雑な構造になっています。(私も何度か転びそうになったことが)

そこにいる何人かが手助けをしてやっと目的の席へ。
幸い、親切な運転手さんで、おばあさんが席に座るまで発車を待ってくれていましたが、バスが走り出したりしたら危険だったと思います。

雰囲気的には、「高齢者シート」に座ること自体に抵抗があるようでした。
なにか特別な事情があったのかもしれませんが、安全面を配慮して配置されている高齢の方向けのシートですから、なるべく利用してもらいたいものですね。


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2017/09/06 11:05 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

弘道館 

偕楽園へ行ったあと、千波湖のほとりを歩いて水戸駅まで戻り、そこから弘道館へ。水戸駅からはすぐです。

弘道館とは、偕楽園と同じく徳川斉昭が作った日本最大といわれた藩校です。
今でいう高校・大学のような感じでしょうか。15歳から入学が認められていたそうです。

おもしろいのは、この弘道館と偕楽園はセットで作られた、というところです。
武芸に精進するのはもちろんですが、自然に触れリラックスする場も必要、ということらしいです。

この日は比較的涼しかったのですが、ここを吹き抜ける風は殊更にさらっと心地よかったです。居眠り必至、だったと思われます。笑
170811 koudoukan1


ここ を外から撮ったのがこちら。
校庭のようなスペースは「対試場」と呼ばれ、武術訓練などが行われたようです。
170811 koudoukan10


「遊於藝」(=芸に遊ぶ)
論語から引いた言葉で、「学問武芸に凝り固まることなく、悠々と楽しみながら芸を極める」という意。
ちなみに、ここでいう「藝」とは、六芸(りくげい)=礼(儀礼) 楽(音楽) 射(弓術) 御(馬術) 書(習字) 数(算数)のことだそうです。…悠々と楽しみながら、といっても大変そう。現代っ子の習い事に通ずるラインナップか?
170811 koudoukan3


つい、「おおお!」と、撮ってしまいました。笑
170811 koudoukan2


こちらは弘道館で使われる鬼瓦。
御紋の両脇にハートの形が見えますか?
これは、伝統的な「猪目(いのめ)」と呼ばれる文様で、魔除けなどの意味があったそうです。
170811 koudoukan7

全体に漂う静謐な雰囲気に(ここもガラガラだったので。梅の時期には人が多いと思いますが…)、学問とはこういうことだなあ、とハッとさせられ、背筋が伸びるような気がしました。

偕楽園へお越しの際は、ぜひこちらの弘道館にも立ち寄られることをお勧めします。

さて、最後におまけ。
水戸駅でちょっと変わったものを発見。「やっぱりあった」感もありますが。笑
170811 koudoukan9
少し迷って、今回はパスしましたが、お味はどうなんでしょうね?


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2017/09/05 10:16 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)