一番好評だったもの 

さて、クリスマスの3日間(24.25.26)の食事のうち、一番好評だったと思われるものは…

アンティパストとして出した 鱈のコロッケ でした! 「…え、これ?」でしたが

スペインやポルトガルあたりでよく見かける、じゃがいもと鱈のパン粉のついていない小さなラグビーボール型のコロッケです。
これも写真なし。すみません…

本来は干し鱈を使うのだと思いますが、塩をしてしばらく置いた生の鱈の切り身で代用。
玉ねぎとにんにくは、ほんの少し香る程度に入れました。(ふぇ家族はとにかく「デリケート」な味を好むので ^^;)

じゃがいもの比率が多すぎたのか、予想したより「ふかっ」としていて、私的には「これ違うな」と思ったんですけどね。
ともあれ、気に入ってもらえてよかった☆

実は、このコロッケ、前に一度大失敗してるんです。
じゃがいもを丸ごと茹でて皮をむいてつぶす、という作業が面倒で(←でた)、市販のマッシュポテトの素を使ったら…
2本のスプーンで成形して油に落とすや否や、バラバラにほどけてぷかぷか浮いてしまう!
小麦粉をまぶしたりしてみましたがうまくいかず。涙

ということで、今回はちゃんとじゃがいも茹でましたよ。
やはり、手抜きせずに真面目にやったほうがいいですね。 (←何回め?)

覚書として、クリスマス2017☆のメニュー載せておきます☆

24日:
各種ハムの盛り合わせ
全粒ライ麦パンのスモークサーモンのせ
オリーブとクリームチーズのクロスティーニ
パプリカのマリネ
えびとマッシュルームのアヒージョ
にんじんと根セロリのサラダ(デリで購入)
サーモンとほうれん草のパイ
ローストビーフ(サーモン食べない義父用)
グリーンサラダ
果物&ナッツ盛り合わせ

25日:
各種ハムの盛り合わせ
アーティチョークオイル漬け(市販品)
リコッタチーズとコンフィチュール・ドゥ・ノエルのクロスティーニ
フムスのクロスティーニ
オリーブとクリームチーズのクロスティーニ
黒オリーブ(カラマタ)
ドイツ風ポテトサラダ(デリで購入)
鱈のコロッケ
がちょうのロースト&栗とりんご入りの詰めもの(注文)
ソーセージ(がちょうを食べない義父用)
クヌーデル(デリで購入)
紫キャベツのドイツ風蒸し煮(デリで購入)
果物&ナッツ盛り合わせ

パネットーネ&スプマンテ

26日:
ラクレット(とかしたラクレットチーズをじゃがいもやパンにのせ、ハム類とともに食べるものです)



まだ残っているのですが、今日で終わる、いや、終わらせます。
けっこう長いあいだもつものなんだな、と ^^;
で、晴れてみそ汁!

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2017/12/29 12:10 ] | TB(0) | CM(0)

よいクリスマスでした 

だいぶご無沙汰してしまいました! みなさま、クリスマスはいかがお過ごしでしたか?

わが家は末っ子おーちが不在だったのが少し残念ですが、穏やかなよいクリスマスになりました。
イタリアから来ていた夫家族を見送り、残りもの消費週間のスタートです。笑
ほんとはごはんとみそ汁にしたいところだけど…

懸案だった24日夜のサーモンパイは、なんとかうまくいきました!
注文しておいた鮭も立派で、皮もきれいにとれたし、パイはちゃんと膨らんでくれましたよ。

写真を撮りたかったんですが、ケータイNG!な雰囲気だったし、自分で作ったものをみんなの前で写真撮ったりするのも自画自賛っぽいかな…と躊躇してしまいました。 ←わりと小心者

何年か前から、「いろいろ忙しいからラクしましょう」と、前菜のお皿とテーブルナプキンを紙にすることにしたので、毎年選ぶのが楽しみになっています。
171225 pranzo


25日の夕方、久しぶりの晴れ間が出たので、近くを散歩。
きれいな夕焼けを見ることができました。
171225 spasso

今年も残るところあとわずかですね。
なにかと無理が重なる時期でもあります。どうぞからだに気をつけてお過ごしください!

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2017/12/28 11:37 ] いろいろ | TB(0) | CM(4)

エコなチョコレート 

電力会社(といっても「公営事業者」らしい)から、厚い封筒が届きました。

開けてみると、チョコレートが出てきました!
わが家は、「再生可能エネルギーによって作られる電力」を選んでいるので、そのお礼に、ということのようです。
この時期は、家にチョコレートが溢れるのですが(笑)、ちょっとうれしいです♪

171221 stadtwerke2


で、このチョコレート、Plant for the planetという環境保護団体の活動の一環として販売されているもので、 この団体のアドレスのサイトにアクセスして、写真の右のほうに見えるコードを入力すると、苗木1/5本分が寄付される、という仕組みになっています。

171221 stadtwerke1

日本で新たに導入されることが決まった「森林環境税」もいいですが、広く一般にその実情と意義を広めるという点では、こういう活動も有効かな、と思いました。 東電とかはやらないか…


  ← 応援、よろしくお願いします!

ついでですが…
[ 2017/12/22 10:20 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

はじめてのパイ生地 

クリスマス・イブのメインはお魚 、というのが主流なので、事前に焼いておけるサーモンのパイにしようかなあ、と。

実は、前回(2014年)のドイツでのクリスマスの時も、サーモンパイを計画していたんですが、なんと!鮭が手に入らず!!
23日のお昼前だったのに、すべて売り切れ…

ということで、先週土曜日、スーパーの魚コーナーで、「23日に鮭がほしいんですが、予約ってできるんでしょうか?」と聞いてみたのです。

すると…
「はい、できます!予約の受付は今日までなのです!」と! ラッキーーー!
ということで、半身を予約しました。
前に皮を取ってもらうようにお願いしたら、見るも無残な姿にされたので、今回は皮付きで買って自分でやる

魚の予約をする。ささいなことに思えるでしょう?でも、私にとっては妙に達成感があって(在住何年めだ…)、調子に乗って、これまで敬遠していたパイ生地を手作りしてみようか、と。

で、今日、初めてのパイ生地作りに挑戦しましたー!バターを細かくして粉に混ぜる「練り込み生地」というやつね。
もし、うまくいってそうだったら、このまま保存しておこう、という魂胆から、試しに端のほうを少し切り分けて、焼いてみると…

うまくいったー!! 

すぐに味見したんですが、やはり市販のパイ生地よりおいしい♡
一気に食べてしまったので、写真なし…

ということで、残りは大事に冷凍にしておきます。

これはこれで何かに使って、サーモンパイ用には新しく作りなおしてもいいと思うんですが…
「これは"ビギナーズラック"で、2回目は …ってことはない?」と、ふぇが言うので(←よくわかっていらっしゃる)、とっておきます。笑

んー、うまくいくかなー?


  ← 応援、よろしくお願いします!
[ 2017/12/19 15:44 ] | TB(0) | CM(2)

Confiture de Noël 

クリスマスは毎年、ふぇ家族と過ごすのが慣例ですが、今年は我が家に集合ということになりました。

たぶんそうなるんだろうな(直前までわからないのもまた慣例ですが…^^;)、と、何となく心づもりはしていたので、まあのんびり進めております。

とはいえ、やはり年末は気ぜわしくなるもので、久々の更新になってしまいました。 ^^;

さて、今年は、はじめて「Confiture de Noël(コンフィチュール・ドゥ・ノエル)」を作ってみました!
フランス語で「クリスマスのジャム」。アルザス地方などでよく見かけます。

ジャムといっても、ドライフルーツやナッツが材料で、わりと大きめなかたまりがゴロゴロしているので、パンに塗るというよりは、フォアグラなどに添えることが多いみたいです。

主な材料はこんな感じ。
171202 confiture de noël1 171202 confiture de noël2

左:ドライフルーツ(プルーン、いちじく、あんず、デーツ、レーズン)
右:ナッツ(くるみ、アーモンド)
それぞれ小指の先(例えが怖い…?)ほどの大きさにカット。

ドライフルーツは、オレンジとレモンのしぼり汁とおろした皮を混ぜたものにしばらくつけておきます。

さて、詳しい方はお分かりかと思いますが、ジャム状にするには「ペクチン」が必要です。
ということで、りんごと洋梨(よく熟したもの)を皮ごと小さくなったものに水を加えて30分ほど煮て、ペクチンを抽出。
=出てきた水分のみをドライフルーツ+ブラウンシュガーに加えて煮るのです。
残ったりんごと洋梨がもったいないので、こちらも別にジャムにしました

ナッツとシナモンを加えてさらに煮て出来上がり。
加熱時間は合計で20分ほど、とレシピには。

が!!…なんと、ナッツを入れる前、ドライフルーツを煮始めてわずか5分ほどで、すでにだいぶ固くなっている!!
煮立っている状態で、しっかりジャムの固さになっているということは…

はい!固すぎ!冷えたら飴のようになっていましたー!スプーン曲がるかと思うほど

ということで、水を足して調整。なんとかイメージに近い固さになりました。

171218 confiture de noël

フォアグラはいただきませんので、カナッペやクロスティーニなどに、リコッタチーズなどと一緒にちょっとのせるのもいいかな、と思っています。


  ← 応援、よろしくお願いします!
[ 2017/12/18 11:13 ] | TB(0) | CM(2)

旅をさせよ… 

ギムナジウム卒業後、日本で旅行資金を稼いでいたおーちですが、無事にアルバイトを終えて、昨日、実家に戻りました。

ほっとしたのもつかの間、明日にはもう「目的地その1」のニュージーランドに発ちます。
京都・天橋立から夜行バスで昨日実家に戻り、中一日での出発…若いって…はぁ。

日本滞在中は、いろいろなことがあったと思います。
茶髪(生まれつきなのに)や目の色で、断られたり、ということもありましたが、大部分はよい思い出になったようです。

千葉では、お客さまにパイナップルやみかんをいただいたり、一緒に働く仲間が夕飯をおすそ分けしてくれたり、シェフがこっそり特別メニューを作ってくれたりしたそうです。

ある夜のメニューは こちら…
もともとの社員食堂のちらし寿司、シェフからのスープとパスタサラダ、同僚からのチャーハン!!笑
171027cena
生まれつき食べものには困らない相なんだと思う


恵まれた千葉の食環境でしたが…
京都の職場は、夕飯は自分で用意しなければならず、なのに、あるのは湯沸かしポットと電子レンジだけ…しかも、食材が買える店までは車がないと行けない、というかなり厳しい条件。

そこで、実家の父から支援物資が!!
右端に写っているのは梨です!爆
171120 shienbusshi
これは、かなりうれしかったようですよ。


休日には、先輩に京都(市内)や大阪にも連れていってもらったり、なかなか楽しんでいたようです。
171202kyoto 171205osaka


昨日の帰りは、天橋立から京都駅まで、先輩に車で送ってもらったそうです。
荷物が多かったので、さぞ助かったことでしょう。

しかも、お土産までいただき… 
171212 nishidasan
やはり食べもの…笑

親は、なにかと心配してしまうものですが(ものもらいができたとか、声がガラガラだとか、そんな時しか連絡をよこさない)、やはり、「かわいい子には旅をさせよ」というのは金言だなあ、と思うのです。

感謝を忘れず、旅を続けるがよろしい。できればお土産よろしく。


  ← 応援、よろしくお願いします!
[ 2017/12/12 15:44 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(2)

Riisipiirakka 

12月6日はフィンランドの独立記念日で、今年はちょうど100周年でした! 

毎年この日は、家々の窓にろうそくが2本灯ります。
22年前のヘルシンキはもうだいぶ雪が積もっていて、銀世界と家々のろうそくにジーンときたことを覚えています。

ということで、お祝いっぽくはないですが、フィンランドといえば…なものを作りました。

Riisipiirakka (karjalanpiirakka)と呼ばれる こちらです。171207 piirakka2

Riisiというのはライス=お米です。
牛乳でおかゆ状に煮たお米を、うすーくのばしたライ麦生地に包んで焼き、バターと水を混ぜたものをツヤ出しに塗ったものです。

171207 piirakka3 171207 piirakka1


一見、甘いお菓子のように見えますが、実はほんのり塩味(というか、かなりぼんやりした味…)なんです。

だいたいどこのパン屋さんやお惣菜屋さんにも置いてあって、ドイツでいえば「ブレッツェル」のように、ちょっとお腹が空いたときに食べるおやつ、かな。

正直、初めて口にする人が「むむ!これはうまい!」と絶賛するような味ではなく、何度も食べていると馴染んでくる、という感じですかね。笑

でも、フィンランドを離れると、時々妙に懐かしく思い出されるんですよ。

ライ麦は扱いにくいような気がして、これまで作ったことがなかったんですが、やってみたらポソポソすることもなくかなりそれっぽくできました!
本来は、ゆで卵にバターを混ぜたものをのせることが多いようですが、うちはそれが苦手なので、プレーンで。

予想した通り、るーは「んん、これね」という微妙な反応… ^^;

すると、FBを見た友人が、「シナモンシュガーとか合いそう?」と!
で、やってみたら、これがおいしい!
フレンチトーストっぽい感じになるのです。

フィンランドの人には「?!?!」かもしれないですが、絶対いいです。
機会がありましたら、ぜひお試しを!


  ← 応援、よろしくお願いします!
[ 2017/12/11 11:12 ] | TB(0) | CM(0)

パルミジャーノ… 

削ってあるパルミジャーノチーズを買おうと、いつものスーパーに行くと、品切れでした。
その棚だけぽっかりと空いています。

で、すぐ近くの別のスーパーにも寄ってみましたが…そこも同様。

「???」

日本だと、「○×が健康によい!」とか、「ダイエットには×○!」という情報がテレビで流れると、それが品薄になる…ということもあるようなので、一瞬、「もしや?!」と思いましたが、んー、ここではまずないかなー。

と、ふと思い出した この記事。先月末のものです。
→ 伊チーズ原料の牛乳は「残酷な産物」英団体が指摘

このニュースによって、すぐにボイコットということはないでしょうが、例えば、商品の安全性が確認されるまで供給をストップ、とかなら考えられるかなあ、と。
でもブロック状に切り分けられたものは普通にあるので、違うかも…

記事で指摘されている「パルミジャーノ・レッジャーノ」はイタリアでも好まれていますが、味云々の前に、数あるチーズの中でもなんかこう「正しきもの」「真っ当なもの」というような扱いをされているように見えます。

例えば、赤ちゃんが初めて口にするチーズは「パルミジャーノ・レッジャーノ」がよい、と言われます。
カルシウムが豊富で、消化吸収がよいことから、老若男女に適している、というわけです。
イタリアに行くと食事の最後に義母が子どもたちにひとかけらずつ割って配るのが習慣でした。

この飼育環境問題、放置することなくきちんと対処して、世界に誇れるチーズであってほしいと思います。


  ← 応援、よろしくお願いします!
[ 2017/12/08 09:50 ] | TB(0) | CM(2)

ウィンドウ・ディスプレイ 

週末はずーっとマイナスの気温でしたが、今日は4℃まで上がりました。
郵便局へ行く用事があったので、えいやっと出かけると…

あれ? そんなに寒くない。

…と感じる自分にちょっと驚いた。笑
さすがに12年目ともなると、寒さの感覚も違ってくるのかな。

さてさて、タイトルに「ウィンドウ・ディスプレイ」とか、ちょっとかっこつけて書きましたが ^^, まあ、クリスマスに向けて窓飾りを作ってみた、ということなんです。

171203 window display

今年はおーちが日本、るーも「別にいいかなー」というので、アドヴェンツカレンダーが一気にお役御免になってしまい、なんか寂しいので新しいアイテムを…

横に渡した木の枝に、いろいろ下げてみました。
4本のろうそくを立てたクランツに使った赤い実がついていた枝をまとめて、テグスで吊ってあります。


松ぼっくりはどこで拾ってきたものか、10年ぐらい前からリビングに転がっていたものに、昨年のクリスマスにもらったチョコか何かについていたリボンをつけただけ。
171203 pigna


ハートのオーナメントは、残り生地をチクチク縫って綿を詰めました。
と簡単に書いてますが、椅子の座面に貼ったりする用のインテリアファブリックなので意外に縫いにくく、途中で何度か挫折しそうになりました。たかがハートのオーナメントじゃないか…という実にささやかな意地で無理やり形にしました
171203 cuoricino


これは新しく購入したもの。けっこうお気に入りです♡
ひも通しのところがクルンと丸まっている吹きガラス。
171203 palla vetro


そして、定番のふぇ手描きの飾りもひとつ。
171203 palla


イメージしたものとはちょっと違うものになりましたが(てへ!)ほぼ残りものででき まあまあ気に入ってます☆


  ← 応援、よろしくお願いします!
[ 2017/12/05 14:13 ] | TB(0) | CM(2)

雪あかり 

予報では降らないということでしたが、前日に引き続き雪となりました。

気温も低く、部屋もなかなか暖まらない状態なのですが、カーテンは開けておき、時折、外を眺めておりました。

朝、夜が明けるころ(8時ごろ)には、半透明のみぞれに近い雪が、まっすぐに地面に落ちてきていました。
やがて、花びらのような大きな雪が、ひらひらゆっくりと舞うように変わりました。
そして、お昼前には、キュッとしまった小さくてまっしろな粒がさわさわと音を立てて降り積もっていきました。

雪にもいろいろな表情がありますね。
雪国育ちではないので、いまだに雪が降ると、イベント的にそわそわしてしまいますが、同時に心がしんとするような、また気持ちがすっきりするような気がするのが不思議です。「マインドフルネス」というのはこんな感じなのかな、と思ったり。


屋根が真っ白になり、葉の落ちた木々の枝にも雪が積もり、地面もうっすらと白く…世界が明るくなってきます。

171201 neve


今日は、クランツ(冠状のもの)ではない横一列並びのアドヴェントクランツを作りました。

171201 kranz1

何年か前に義母にもらったカップのセットがのっていた木製のトレイにろうそくを置き、まわりに赤い実のついた枝を並べただけ、という超手抜きですが、意外と気に入っています。こういう赤い実は母も好きだったなあ。


12月3日の日曜日は、第1アドヴェント。1本目のろうそくに火が灯ります。

171201 kranz2

みなさまも、どうぞよい週末をお過ごしください!

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2017/12/01 18:17 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)